読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜織り人PEKOの休日

休日に機織りをしています。

秋の染め其の壱 今日の収穫はたまねぎ

制作

台所で地道に集めた、たまねぎの皮。

これが結構たまるんです。

 

たまねぎは身体によく、安価で保存性もよく、サラダに、煮物に、炒め物に大活躍。

酢たまねぎは血糖値を下げるのに有効。

 

過去のblogにこんなこと書いています。

酢たまねぎ - PEKOのひとり飲み

 

たくさん食べて皮もこんなに役に立つなんてホントに素晴らしい💛

 

三角コーナー用の不織布のゴミ袋を二枚重ねてざっくり詰めると約50g…

f:id:rimikito:20160924190808j:image

 6Lくらいの水に入れて火にかけ30分くらい煮出します。

いたってアバウト。

 

計算すると今日の被染物の20%ぐらいの量です。

 

被染物はこれだけ。1度に染める量としては少なめです。

f:id:rimikito:20160924194220j:image

左から、特価品のローシルク(多分中国製)2カセ、先々週の新・東京スピニングパーティーで買った群馬県産シルク1カセ、袋真綿1枚。

 

ネットロウシルク繰糸機で引いた貴重品の糸はこれ❗️

f:id:rimikito:20160924225751j:image

包みを開くと、1包みが2カセずつに分けてあって、染めやすくなっていました。感謝。

絶対に失敗したくないので、今日は試しに1カセだけに…。

 柔らかい糸の40g弱の小さなカセは、精錬済みのため下処理なしでポーンとタンクに沈め、何度か繰り…放置。。

 

1時間くらいしたら、ミョウバン媒染。10gのミョウバンを6Lの水に入れ、50℃〜60℃くらいに熱し、被染物を浸して20分。

あとは再度たまねぎの染液に戻して30分〜1時間くらい置き、ぬるま湯で軽く洗い、脱水。

 

意外に簡単で、うまくいきました(^_^)vホッ💛

 

たまねぎ染めは、素晴らしいので毎年やっています。そうすると、当然似たような色の糸が増えます。

 

次回は来月。

今日染めた糸を乾かし、整経してから括って、別の色を重ねて段染めにしようかな…。