読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜織り人PEKOの休日

休日に機織りをしています。

THREADS OF LIFE@Ubud,BALI

やーっとたどり着いた極楽の日々。

つかの間の夏休み。(ここは常夏、南の島。まだ身体が慣れないのでクラクラします。夕べは蚊に刺されてかゆくて、全然眠れませんでした。)
 
こんな道を歩いて…f:id:rimikito:20131226202836j:plain
まず向かったのはここです。http://www.threadsoflife.com/
f:id:rimikito:20131226201612j:plain
 
'THREADS OF LIFE'では、主にインドネシアのヌサトゥンガラ諸島(インドネシアの南部、ジャワ島の東側の小島の総称。スンバ島、フローレス島、チモール島など)で織られた布の展示、販売が行われています。綿の手紡ぎ糸を草木で染めたイカット(絣)の見事さにはいつも感動します。時々レクチャーなどもあり、以前来た時には私も参加しました。
イカットの工程。経糸を括り、防染した状態で染め、模様を作ります。
f:id:rimikito:20131226201532j:plain
 
ここにあるのは、小さな島の織り手のグループが制作した、伝統的手法で織られた現代の布です。
このような活動が末永く続いていくことを願っていますが、私たちの生活のスピードが加速していく中で、楽観はできません。
 
ここに初めて来た7年前と比べても手紡ぎ糸で織られた布は極めて少なくなりました。手紡ぎ糸の良さは、糸を撚る過程で空気が入るので、風合いが優しい。しかし糸作りには膨大な時間と熟練を要します。
 
今回一番惹かれたのはこれ。スンバ島で織られたイカットとソンケットのコンビネーションの布。f:id:rimikito:20131226201536j:plain
綿の手紡ぎ糸で織られたものです。中央部にある、房に通したトリコロールカラーのビーズも素敵。
 
拙い英語で撮影の許可を求めたら、「概観はいいけど、細部はダメよ」(と仰ったと思う…)とのことでしたので、お言葉に甘えてー。
私もこの布と一緒に記念撮影しましたが、それは非公開。
 
スンバ島にもいつか訪れることができますように。