読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜織り人PEKOの休日

休日に機織りをしています。

秋の染め其の弐 マリーゴールド&コチニール

秋の染め第2日。

今日は染め場が17:00閉館なので、段取り良く作業しなければなりません。

 

…となると、煮出す染料は1種類。

化学染料なら作業は楽になりますが、せっかくなのでコチニールも。コチニールは乳鉢ですりつぶし、酢酸を加えるだけで発色するので、わりと手軽に使えます。

 

まず、今日煮出すのは、マリーゴールドミョウバン媒染で金茶色〜黄色に染まります。

キク科の花は染料としては優秀。堅牢度も良いです。

f:id:rimikito:20161010223250j:image

 草木染めは、黄色と茶色に染まる染料が圧倒的に多く、多少の色相差はあっても、みんな似通った色目になってしまいます。

 

黄色に藍を染め重ねて緑を出したり、茜や蘇芳の赤を重ねて橙色を出したり、染め重ねることで色のバリエーションは増やせますが、自由自在に色数を増やせる訳ではありません。

 

コチニールは、南米のウチワサボテンに付く虫を乾燥させたもの。日本では採取されません。

動物性染料ですが、草木染めの仲間になっています。

f:id:rimikito:20161010223607j:image

10gのコチニールを…

f:id:rimikito:20161010223652j:image

乳鉢ですりつぶして

f:id:rimikito:20161010223726j:image

酢酸を5cc加えて発色させます。

 

時間に追われて、すりつぶし方がちょっと足りない感じではありますがー

 

このウラでは、ウール(ポロアスのトップ)の先媒染やら、タッサーシルクの精錬やら、着々と作業を進めないと…

 

f:id:rimikito:20161010224404j:image

タッサーシルクは薄い黄色をしています。白い糸を染めるより、色に深みが出るといいな…

 

バタバタしたので、色ムラが結構はっきりしていますが、それも面白いので、良しとしよう(^^;;

 

マリーゴールドはこんな風。

袋真綿(上左)とタッサーシルク(上右)とポロアスのトップ(下)。

f:id:rimikito:20161010225359j:image

 

 コチニールはこれ。

袋真綿(上左)とポロアスのトップ(上右)と群馬県産のシルク(前回タマネギで染めた残り)。

f:id:rimikito:20161010225440j:image

ヘトヘトしながら片付けを終え、閉館時刻を9分超過。すでに出口は閉まり、「時間厳守でお願いします‼︎」と叱られてしまいました。

 

申し訳ないm(_ _)m。。

次回の染めは、来月を予定しています。

 

 

 

志村ふくみ 母衣(ぼろ)への回帰@世田谷美術館

彼岸を過ぎ、早10月。朝夕はひんやりとして秋の空気です。

この週末は、懸案のPC買い替えに追われ、バタバタ。

実は先週のこと、職場の貸与PCが壊れ、すっかり仕事にならなくなり、ここでわが家のPCにも同様の惨事が訪れるとマズイので(よく固まるので、いつ何があってもおかしくない)夏からいろいろ物色していましたが、昨日近所の量販店でF社の赤いノートPCを購入し、一件落着。

とりあえず使えるようにするのに、今のPCはそんなに時間はかかりませんが、データの移動はそこそこ手間取りそうなので、当分は古いPCも併用します。

 

で、今日は砧公園内にある企画展 - 世田谷美術館へ。

滋賀や京都へ行かないとなかなか観られない、志村ふくみさんの展示が東京で観られる貴重な機会です。

f:id:rimikito:20161002224034j:image

 用賀駅から高級住宅街の間を抜けてお散歩すること約20分。近くに住んでいたら、頻繁に訪れたいですね。電車で行くと、ちょっと遠いけどね…。

 

公園の緑の中にある美術館。午後の光の下では半分陰になってしまいました(^^;;

f:id:rimikito:20161002224309j:image

この展覧会は、会期の前後半でかなり多くの作品の入れ替えがあるので、10月後半に是非再訪したいです。(その場合は、今日のチケットを持って行くと200円引(^^)。。

 

展示作品は、滋賀県立近代美術館所蔵のものが多いですが、初お披露目のものも多く、植物の命の色をいただく草木染めの色彩にうっとり…。

 

ザンネンながら、撮影は不可なので、図録で復習します。

f:id:rimikito:20161002230812j:image

是非現物をご覧くださいませm(_ _)m。。

 

秋の染め其の壱 今日の収穫はたまねぎ

台所で地道に集めた、たまねぎの皮。

これが結構たまるんです。

 

たまねぎは身体によく、安価で保存性もよく、サラダに、煮物に、炒め物に大活躍。

酢たまねぎは血糖値を下げるのに有効。

 

過去のblogにこんなこと書いています。

酢たまねぎ - PEKOのひとり飲み

 

たくさん食べて皮もこんなに役に立つなんてホントに素晴らしい💛

 

三角コーナー用の不織布のゴミ袋を二枚重ねてざっくり詰めると約50g…

f:id:rimikito:20160924190808j:image

 6Lくらいの水に入れて火にかけ30分くらい煮出します。

いたってアバウト。

 

計算すると今日の被染物の20%ぐらいの量です。

 

被染物はこれだけ。1度に染める量としては少なめです。

f:id:rimikito:20160924194220j:image

左から、特価品のローシルク(多分中国製)2カセ、先々週の新・東京スピニングパーティーで買った群馬県産シルク1カセ、袋真綿1枚。

 

ネットロウシルク繰糸機で引いた貴重品の糸はこれ❗️

f:id:rimikito:20160924225751j:image

包みを開くと、1包みが2カセずつに分けてあって、染めやすくなっていました。感謝。

絶対に失敗したくないので、今日は試しに1カセだけに…。

 柔らかい糸の40g弱の小さなカセは、精錬済みのため下処理なしでポーンとタンクに沈め、何度か繰り…放置。。

 

1時間くらいしたら、ミョウバン媒染。10gのミョウバンを6Lの水に入れ、50℃〜60℃くらいに熱し、被染物を浸して20分。

あとは再度たまねぎの染液に戻して30分〜1時間くらい置き、ぬるま湯で軽く洗い、脱水。

 

意外に簡単で、うまくいきました(^_^)vホッ💛

 

たまねぎ染めは、素晴らしいので毎年やっています。そうすると、当然似たような色の糸が増えます。

 

次回は来月。

今日染めた糸を乾かし、整経してから括って、別の色を重ねて段染めにしようかな…。

 

 

夏の忘れもの@秋分の日

そういえば、経糸張ったまま放置されたオーガニックコットン

 

このまま秋になっちゃうと、ザンネンなことになりそうなので、慌てて織り始めましたが、意外に手間取っています。

f:id:rimikito:20160922220413j:image

このオーガニックコットンは、撚りの甘いところが綜絖に当たるとよく切れる❗️

 

焦って、巻き取りの時に力を入れすぎても切れる❗️

 

日頃から、世間のキレやすい人々にはさんざん泣かされて…(ToT)/~~~

 

糸は静かにふわっと切れる(ー ー;)

 

気がつくと夕飯食べ損ねました°°・(>_<)・°°・。

 

 

 

新・東京スピニングパーティー2016

今回のTokyo Spinning Party 東京スピニングパーティーは、錦糸町のすみだ産業会館で開催。

 

すみだ産業会館は、駅前の丸井の8、9階にあり、アクセスは抜群。店内には飲食店もたくさんあって昼食場所にも事欠かない。

f:id:rimikito:20160910173909j:image

8階で入場料1,000円を支払い、パンフレットとリストバンドを受け取ります。

いつもは、レクチャーを2本聴くのですが、13:00過ぎに到着したため、清野工房の清野詳子さんの回は、整理券配布に間に合わずザンネン(>_<)。

まず、販売のブースを回ることにしました。

8階の1室にすべてのブースが集まっているので、1時間くらいで十分回れますが、ワークショップをしているブースもあり、それに参加するとそれなりに時間がかかります。

受付横にブースの位置がわかるように掲示が出ているので、お目あての場所がすぐわかります。

f:id:rimikito:20160910173925j:image

今回は場所柄か、羊の毛刈りショーもなく、出店数もそこそこ。

 

銀座の東京アートセンターさんのブースにあった8枚綜絖の機を眺めたりしていると…

f:id:rimikito:20160910181445j:image

以前にハタオリ教室でご一緒だったNさんがお声をかけてくださいました。

彼女のblogやTwitterからは、お仕事や介護の傍らで着々と作品作りをなさっているご様子がうかがい知れて、尊敬します。

彼女は8枚綜絖の機をお持ちだそうですが、私にはきっと使いこなせないだろうなあ( ´Д`)y━・~~

 

糸は買うまい、と思っていたのですが、桐生の工房風花さんで、ネットロウシルク繰糸機で引いた群馬県産の貴重な糸を2かせだけ購入。

f:id:rimikito:20160910182705j:image

f:id:rimikito:20160910184236j:image

精錬済みなので染色も楽です。再来週に染め場の予約を入れてあるので、そこできれいに染めましょうo(^_-)O

 

そんなこんなで、あっという間に最後のレクチャーの整理券配布まで1時間ほどになってしまいました。

 

整理券配布はレクチャー開始30分前から、となっているのですが、実際には30分前以前に列ができ、列が100人の定員に達した時点で締め切ってしまうとのこと。急がなきゃ!

 

15:30開始の高橋誠一郎さんの回の開始の1時間ほど前に並びに行ったら、すでにかなりの人の列ができていました。なんとか60番台get!

 

レクチャーのお題は「目からウロコの羊毛染」高橋誠一郎さんは、かの田中直染料店で永年にわたり、染料の開発に従事してこられた方。退職後の現在もその道のオーソリティにはお仕事依頼がひっきりなしだそうです。

 

膨大なデータと実験サンプルを短時間で見られるように整理してくださり、趣味の染色で常識とされていることが、実は正しくないという例を列挙し、丁寧に解説してくださいました。

 

助剤をうまく使って、小ロット、短時間で仕事をすれば、労力も環境への負荷も失敗も減るのでいいことずくめです。

 

浸透脱気剤やPhスライド剤なんて初めて聞きました。Ph試験紙は持っていますが、確かにあまり真面目に測ったことはないです(^^;;。。

 

再来週は染色の手順をよく復習して手際よくやらないと…σ(^_^;)

 

 

 

 

初めてのミシン(;^_^A

昨年末に購入しておいたミシンの本格デビューです(^^;;。

 

織った布を、手縫いで羽織りモノに仕上げたことはあるのですが、ミシンは大の苦手。。

 

洋裁が得意だった母との関係が悪くて、素直に習えなかったという家庭の事情もあり、ほぼ、トラウマ状況…なのですが、それを克服したいとずーっと思い続けていました。

 

先日の「布博」で、素敵な布をたくさん見たときに、ちょっと背中を押された気がして、自力で悪戦苦闘(・・;)。。

 

型紙は、ネット検索して無料型紙と作り方|洋服やコスプレ衣装のパターン でぃあこすさんの、フリー型紙の中から、ドレープワンピースを使わせていただきました。

 

何から何まで初めてのことは大変❗️

 

ハタオリや編みものは、間違いに気づいたら、来た道を戻ってやり直せばいいけれど、まず、布の裁断を間違えたら取り返しがつきません。

 

この型紙は、ドレープを出すために、布目に対して30度位型紙を斜めに置き、「わ」で裁つのですが、布を傾ける度合いが難しく、かつ、持ち合わせの布では、少し足りなかったので、型紙の丈を詰めたりして、大汗…でした。(で、実は後ろ身頃は、「わ」で裁つように書いてなかった(後ろ中心線ではぎ合わせだった)ことに、身頃を縫い上げてから気づいたりして…(^^;;)

 

まず、昨日は裁ち目かがりのジグザグミシンで失敗し、挫折。

実は、袖ぐり衿ぐりは、バイヤステープでくるむので、かける必要がないのに、曲線の部分に無理にジグザグをかけたらぐちゃぐちゃに…。。 

今日は、前身頃のタックの山折りと谷折りを逆にして、ハコヒダを作ってしまい、苦笑。。誰も見てなくて良かったf^_^;)

 

それでも、誰にも手伝ってもらわずに今日はここまで。(小学生より下手かも…。)

f:id:rimikito:20160813215044j:image

 あとは、バイヤステープを作って衿、袖の始末をして、しつけ糸で縫ってある裾を本縫いしたら出来あがるハズ…なんですけど。。

布博 Week1 💚「スカートに恋をする週末」@町田パリオ

以前から気になっていた「布博」。主催は、秋に多摩川河川敷で行われているもみじ市(おしらせ | もみじ市2015)でおなじみの手紙社さん。「布博」の詳細はこちらをご覧ください。

今日のお手紙

今回は2週間連続で、それぞれに異なるテーマでの開催。きっと充実していることと期待して、町田まで足を運びました。 

f:id:rimikito:20160730221835j:image

入場料は1日500円。この入場券にフォトスポット(4ヶ所あります)のポスターをかざして、こんなふうに写真を撮って、帰りに受付に提示するとお土産(手紙社製「調布かるた」など)がもらえますので、決して損はしません⁉︎

f:id:rimikito:20160730231628j:image

作家さんと直接お話しできるのがこういうイベントの楽しみ(#^.^#)
ふだんはネット販売以外していない作家さんも多く、(手触りやサイズ感がわからないので、「思ったのと違う」ということになりそうですが(・・?)、こういうイベントは重要なお披露目の機会になっているようです。

 

会場は3Fがブローチやピアス、イヤリングなどのアクセサリー。

f:id:rimikito:20160730223536j:image

4Fが布関係。チラシには「スカートに恋をする週末」とあったので、スカートの展示会か…と思いきや、面白いものいろいろあって目移りします(^^)。

f:id:rimikito:20160730223621j:image

もちろんスカートの受注コーナーもあります。

 

f:id:rimikito:20160730224108j:image

靴下のコーナー。

こんな変り種も…。

f:id:rimikito:20160730224508j:image

テキスタイルデザインをボトルにアレンジした、キリンの飲料「ムーギー」LOHACO - 生姜とハーブのぬくもり麦茶moogy(ムーギー)

今日はプロモーションだけで、味見ができなかったのがザンネン!販売は通販のみだそうです。ボトルは、花瓶にしたいなあ〜💚

 

久々にお会いした、手ぬぐいのkata-kataさん。手ぬぐい以外にも陶器など、商品の種類が増えました。

サイトはこちらです。=TOP= of kata kata

f:id:rimikito:20160730225426j:image

壁面のネットが面白くて引きこまれたのがこちら。

f:id:rimikito:20160730225932j:image

何でも、京都にある鳥よけのネットのメーカーと交渉し、ユニークな布をプロデュース 。さまざまな製品にして販売しておられる http://pottenburntohkii.comさん。台東区にある工房で、デザイナーの中島トキコさん(左側)ご本人とアルバイトスタッフの方とお2人だけで製造販売をすべてなさっておられるとのこと。素晴らしい♡

f:id:rimikito:20160730230152j:image

このターバンが目に止まり、頭に巻いたり、ウエストに巻いてベルトにしたりしているうちに、ついつい財布の紐を緩めてしまいました(^^;;。

f:id:rimikito:20160730230557j:image

イデア賞v(^_^v)♪

これを巻くと、みんなヴィーナスになれる…かも❓

 

来週も楽しみです(^^)/~~~